ED治療薬レビトラを購入してからの正しい保管方法まとめ。

レビトラの保管方法

皆さんは薬の保管方法ってどのように管理していますか?

ほとんどの方は、開けたらそのまま薬箱に保管していたり、場合によっては冷蔵庫などで保管しているという話も聞いたりします。

では、levitraを含むED治療薬はどんな風に保管をすれば良いのでしょか?

気になる保管方法・保存方法についてまとめていきますので、ご覧ください。

<基本的な保管方法>

まず、基本的な保管方法としては、常温がキープできる場所を確保して保管するという事です。

これは他のお薬にもあてはまりますが、高温や湿気の多い場所での保管方法は最適とは言えませんので、避けるようにしましょう。

<オススメの保管方法>

ここでオススメの保管方法をご紹介。

お薬は空気にあたると湿気を帯びてしまい傷んでしまう事もあります。

ですので、錠剤を丸裸にしておくのではなく、ラップなどに包んでから薬専用のケースなどに保管しておくのが良いです。

特にレビトラなどのED治療薬は錠剤を半分にして飲む事もありますので、半錠になっている場合には尚更この方法が有効的です。

<気を付けるポイント>

特に気を付けるべきポイントはないのですが、レビトラなどの勃起薬には使用期限があるので、その期間を過ぎたら捨てるようにしましょう。

野菜なら多少大丈夫、お肉なら冷凍すれば大丈夫など、食べ物の間隔とはまた違いますので、レビトラなどの薬の場合には、さっさと捨てるようにしてください。

特に勘違いしやすいのは、消費期限はパッケージを開封していない場合の期間ですので、開封してからはなるべく早めに使用するようにしましょう。

保管方法の最後に

レビトラの保管・保存方法についてはご理解頂けましたでしょうか?

保管方法について簡単にわかりやすくポイントをまとめてみましたので、ご参考に!

・薬ケースにしまう場合は、フタをしっかりとする。

・高温、湿気の多い場所、日光を極力避ける。

・エアコン、ヒーターの近くでは保管しない。

・熱が高まりやすい車やポケットの中には入れておかない。

このあたりを自分の中でしっかりと覚えてルールにしておくと良いです。

せっかくEDの治療に活かして勃起させたいのに薬がダメになってしまってはもったいないです。

ED治療薬は飲むことがすべてではなく、保管や副作用などの注意点もちゃんと覚えて正しく飲みましょう。

ページの先頭へ