レビトラを病院で処方できるケースとできないケースについて

病院での処方

ED治療薬はネット通販や病院での処方で手に入る事は他のページでも紹介している内容をみてある程度理解して頂けていると思います。

ネット通販では言うまでもなく誰でも手軽に購入出来て、安価で手に入るしジェネリックなども豊富に取り扱っているというメリットがあります。

病院での処方では基本的に正規品の勃起薬しか取り扱ってなく、ジェネリックを処方されるのはごく稀で、病院側も保証はしていないでしょう。

保険証も適用にならないですし、価格もネットに比べると少し割高ともいえます。

ただ、病院では安心感が得られますし、相談にも乗ってもらえるところもあるのでそのあたりがメリットと言えますね。

しかし、病院でもレビトラなどの勃起薬を処方してもらえないケースがあります。それについてここで少し紹介していきましょう。

こんな方には処方されない

  • 極端に低血圧、高血圧の方で一定の基準を超えている場合。
  • レビトラの成分にアレルギー反応が出てしまう方。
  • 狭心症の方。
  • 女性(成人、未成年含む)
  • 腎臓や心臓に障害や持病を抱えている方。
  • 直近半年以内に脳梗塞など重度の病気を患った方。
  • 医師から性行為そのものをしないようにと診断されている方。
  • 重度と診断されている肝臓病や肝に障害のある方。

など、これらは普通に考えればわかる範囲の注意点ですが、これ以外にもレビトラを処方でけいないケースというのもありますので、まずは自分の健康状態を確認して、専門の医師やかかりつけの先生に確認をしておきましょう。

これらに該当する方が安易な気持ちで通販などで購入し、飲んでしまうと後々体に悪影響が出てくる可能性が非常に高いです。

レビトラを医薬品という事をお忘れなく安全にご利用ください。

併用禁忌薬にもご注意

他のページでまとめていますが、併用禁忌薬に関しても注意が必要です。

レビトラと同じタイミングに飲んではいけないお薬ですので、改めてここで再確認しておきましょう。

また、硫酸剤を使っている方もレビトラの使用はNGです。貼るタイプのお薬、注射などいろんなモノがありますが、どんな投与の方法でも硫酸剤を使用している方はレビトラの使用を控えてください。

理由は病院の先生に詳しく聞いておきましょう。

ページの先頭へ